海外FX業者比較 人気ランキング3位 Axiory(アキシオリー)を解説。口座開設・デモ口座開設・入金方法・出金方法など!

海外FX優良業者 おすすめはAxiory | FX口座開設比較ランキング

AXIORY ~板情報がデフォルトで見れるcTraderが特色~

海外FX比較ランキング3位はAXIORY(アキシオリー)

第1位のXMトレーディング、2位はタイタンFX(TitanFX)に次いで当サイト第3位の評価はAXIORY(アキシオリー)。最高レバレッジは最大400倍。スキャルピング向きのナノスプレッド口座(ECN口座)が人気。口座は2種類、スタンダードとナノスプレッド、どちらも最大レバレッジ400倍設定可能。メタトレーダーに加え、板情報がデフォルトで見れるプラットフォームcTraderも採用。ボーナスはタイタン同様なし。(以前にキャンペーンボーナスを実施した経歴有)2019年3月より大幅に入出金手段を刷新する模様。3月1日より、JCBクレジットカードが利用可能に、国内銀行入出金の振り込みを導入(ベータ版)、3月中に電子ウォレットであるスティックペイ(STICKPAY)による入出金を導入予定・。BITWALLETが使えなくなる予定でどうなるかと静観してましたが、以前よりも入出金がしやすくなるかもで一安心ですね。ちなみに余談ですが、スティックペイは以前のネッテラーのようにプリペイドカード発行できる電子ウォレットサービスなのでATMから出金なども可能になります。金融ライセンスはベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)


でも、何と言ってもやはり日本人が1番利用している海外FX口座はXMトレーディング。海外FXデビューするならXMが無難ですね。AXIORY口座を開くならサブ口座としてですかね。

ちなみに当方管理人はXMトレーディング2017年10月から軍資金50万円スタートで2018年12月までに約1億5000万円ほど利益を出しました。

その収支を公開しているブログが↓
参考にしていただければ幸いです。

FX

海外FXランキング2位はAXIORY|スプレッドと呼ばれるものは…。

投稿日:

FX口座開設をすれば、本当にFXトレードをせずともチャートなどを見ることができるので、「とにかくFXについて学びたい」などとお考えの方も、開設すべきだと思います。
デモトレードを有効活用するのは、ほとんどFXビギナーの人だと想定されると思いますが、FXの専門家と言われる人も率先してデモトレードを活用することがあると聞かされました。例えば新たに考えたトレード法のテストをする時などです。
スプレッドと呼ばれるものは、FX会社それぞれまちまちで、トレーダーがFXで儲けるためには、売り買いする時のスプレッド幅が僅かであればあるほど有利だと言えますから、この点を前提にFX会社を選抜することが大事だと考えます。
トレードの進め方として、「上下いずれかの方向に値が振れる最小時間内に、大きな額でなくてもいいから利益をきっちりと確保しよう」というのがスキャルピングというトレード法になるわけです。
スキャルピングを行なうなら、少しの利幅でも着実に利益を得るという気持ちの持ち方が必要だと感じます。「まだまだ上がる等という考えは捨てること」、「欲を張らないこと」が肝要になってきます。

自動売買の一番の優位点は、不要な感情をオミットできる点だと言えるでしょう。裁量トレードを行なう場合は、必ずと言っていいほど感情がトレードをする最中に入ってしまいます。
スイングトレードをすることにすれば、いくら短期だとしても3~4日、長期ということになると何カ月にも及ぶといったトレード法になる為、常日頃のニュースなどを踏まえて、将来の経済情勢を推測し投資することができるというわけです。
スイングトレードで収益を得るには、それ相応の売買のやり方があるのですが、それについてもスイングトレードの基本を押さえた上での話です。差し当たりスイングトレードの基本を身に付けることが大切です。
FXで稼ごうと思うのなら、FX会社を比較して、その上でそれぞれに見合う会社をピックアップすることが必要だと考えます。このFX会社を比較する際に外せないポイントなどをレクチャーしたいと考えています。
MT4をPCにインストールして、インターネットに繋いだ状態で常に稼働させておけば、横になっている間も全て自動でFXトレードを行なってくれるというわけです。

スワップポイントについては、「金利の差額」だと考えていただければと思いますが、現実にもらうことができるスワップポイントは、FX会社の収益とも言える手数料を除いた額になります。
MT4をおすすめする理由の1つが、チャート画面上より容易に発注することが可能だということです。チャートを見ながら、そのチャート部分で右クリックしたら、注文画面が立ち上がることになっているのです。
スプレッドというものは、売買における「買値と売値の差額」のことを意味します。このスプレッドこそがFX会社の儲けであり、それぞれのFX会社毎にその設定数値が異なっています。
FXを行なう上で、外国の通貨を日本円で買うと、金利差に応じてスワップポイントが付与されますが、高金利の通貨で低い通貨を買うような時は、当然ながらスワップポイントを支払う必要が出てくるわけです。
FX口座開設の申し込み手続きを完了して、審査が通れば「ログイン用のIDとPW」が届けられるというのが通常の流れだと言えますが、一握りのFX会社はTELで「リスク確認」を行なっているようです。

-FX

Copyright© 海外FX優良業者 おすすめはAxiory | FX口座開設比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.