海外FX業者比較 人気ランキング3位 Axiory(アキシオリー)を解説。口座開設・デモ口座開設・入金方法・出金方法など!

海外FX優良業者 おすすめはAxiory | FX口座開設比較ランキング

AXIORY ~板情報がデフォルトで見れるcTraderが特色~

海外FX比較ランキング3位はAXIORY(アキシオリー)

第1位のXMトレーディング、2位はタイタンFX(TitanFX)に次いで当サイト第3位の評価はAXIORY(アキシオリー)。最高レバレッジは最大400倍。スキャルピング向きのナノスプレッド口座(ECN口座)が人気。口座は2種類、スタンダードとナノスプレッド、どちらも最大レバレッジ400倍設定可能。メタトレーダーに加え、板情報がデフォルトで見れるプラットフォームcTraderも採用。ボーナスはタイタン同様なし。(以前にキャンペーンボーナスを実施した経歴有)2019年3月より大幅に入出金手段を刷新する模様。3月1日より、JCBクレジットカードが利用可能に、国内銀行入出金の振り込みを導入(ベータ版)、3月中に電子ウォレットであるスティックペイ(STICKPAY)による入出金を導入予定・。BITWALLETが使えなくなる予定でどうなるかと静観してましたが、以前よりも入出金がしやすくなるかもで一安心ですね。ちなみに余談ですが、スティックペイは以前のネッテラーのようにプリペイドカード発行できる電子ウォレットサービスなのでATMから出金なども可能になります。金融ライセンスはベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)


でも、何と言ってもやはり日本人が1番利用している海外FX口座はXMトレーディング。海外FXデビューするならXMが無難ですね。AXIORY口座を開くならサブ口座としてですかね。

ちなみに当方管理人はXMトレーディング2017年10月から軍資金50万円スタートで2018年12月までに約1億5000万円ほど利益を出しました。

その収支を公開しているブログが↓
参考にしていただければ幸いです。

FX

海外FXランキング2位はAXIORY|今では多数の海外FX会社があり…。

投稿日:

海外FX海外口座開設の申し込み手続きを終了して、審査でOKとなったら「ログイン用のIDとパスワード」が送られてくるというのが通常の流れですが、何社かの海外FX会社はTELで「リスク確認」を行なっているようです。
海外FXにおける個人対象のレバレッジ倍率は、古くは最高が50倍だったことを考えたら、「今の規定上の最高25倍は低い」と感じている方を目にするのも不思議ではありませんが、25倍だったとしても十分に利益をあげることは可能です。
MT4で機能する自動売買プログラム(EA)のプログラマーは世界中に存在していて、リアルな運用状況ないしは感想などを基に、最新の自動売買ソフトを提供しようと競い合っています。
海外FXで儲けを手にしたいなら、海外FX会社をランキングサイトで比較することが必須で、その上であなたにフィットする会社を見極めることが求められます。この海外FX会社をランキングサイトで比較する場面で大事になるポイントをご教示させていただきます。
AXIORYスキャルピングという取引法は、割とイメージしやすい中・長期に亘る世の中の動きなどは度外視し、拮抗した勝負を一時的に、かつ際限なく継続するというようなものだと思います。

FX取引については、「てこ」同様に手出しできる額の証拠金で、最大25倍もの取り引きができるルールがあり、証拠金と現実の取り引き金額の倍率を「レバレッジ」と呼んでいるのです。
MT4をパーソナルコンピューターにセットして、オンラインで24時間稼働させておけば、睡眠中も自動的に海外FX取引をやってくれます。
今では多数の海外FX会社があり、会社個々に固有のサービスを提供しているのです。その様なサービスで海外FX会社をランキングサイトで比較して、ご自分にフィットする海外FX会社を見つけることが最も大事だと言えます。
MT4というのは、昔のファミコン等の機器と同じで、本体にソフトを差し込むことで、初めて海外FX取引をスタートさせることが可能になるわけです。
海外FX取引を行なう際に出てくるスワップと言われているものは、外貨預金でも提示されている「金利」だと考えてください。だけど全然違う点があり、この「金利」については「受け取るだけではなく徴収されることだってある」のです。

「AXIORYデモトレードをしても、実際に痛手を被ることがないので、メンタル上の経験を積むことが不可能だ!」、「本当のお金で売買してみて、初めて経験を積むことができるわけだ!」とおっしゃる人も多々あります。
AXIORYスイングトレードであるなら、いくら短期だとしても3~4日、長ければ何カ月にもなるというような戦略になりますから、日々のニュースなどを判断基準に、その先の世界情勢を推測し資金を投入することができます。
スプレッドと言われるのは外貨を売買する時の価格差のことで、FX会社にとっては収益となる売買手数料に近いものですが、各海外FX会社で独自にスプレッド幅を導入しているのです。
テクニカル分析と称されるのは、相場の時系列変動をチャートという形で表して、更にはそのチャートを前提に、近い将来の為替の動きを予測するという分析法です。これは、売買する時期を知る際に効果を発揮するわけです。
利益を確保する為には、為替レートが注文を入れた時のものよりも有利な方に変動するまで待つ必要があります。この状態を「ポジションを保有する」と言っています。

-FX

Copyright© 海外FX優良業者 おすすめはAxiory | FX口座開設比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.