海外FX業者比較 人気ランキング3位 Axiory(アキシオリー)を解説。口座開設・デモ口座開設・入金方法・出金方法など!

海外FX優良業者 おすすめはAxiory | FX口座開設比較ランキング

AXIORY ~板情報がデフォルトで見れるcTraderが特色~

海外FX比較ランキング3位はAXIORY(アキシオリー)

第1位のXMトレーディング、2位はタイタンFX(TitanFX)に次いで当サイト第3位の評価はAXIORY(アキシオリー)。最高レバレッジは最大400倍。スキャルピング向きのナノスプレッド口座(ECN口座)が人気。口座は2種類、スタンダードとナノスプレッド、どちらも最大レバレッジ400倍設定可能。メタトレーダーに加え、板情報がデフォルトで見れるプラットフォームcTraderも採用。ボーナスはタイタン同様なし。(以前にキャンペーンボーナスを実施した経歴有)2019年3月より大幅に入出金手段を刷新する模様。3月1日より、JCBクレジットカードが利用可能に、国内銀行入出金の振り込みを導入(ベータ版)、3月中に電子ウォレットであるスティックペイ(STICKPAY)による入出金を導入予定・。BITWALLETが使えなくなる予定でどうなるかと静観してましたが、以前よりも入出金がしやすくなるかもで一安心ですね。ちなみに余談ですが、スティックペイは以前のネッテラーのようにプリペイドカード発行できる電子ウォレットサービスなのでATMから出金なども可能になります。金融ライセンスはベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)


でも、何と言ってもやはり日本人が1番利用している海外FX口座はXMトレーディング。海外FXデビューするならXMが無難ですね。AXIORY口座を開くならサブ口座としてですかね。

ちなみに当方管理人はXMトレーディング2017年10月から軍資金50万円スタートで2018年12月までに約1億5000万円ほど利益を出しました。

その収支を公開しているブログが↓
参考にしていただければ幸いです。

FX

AXIORY 口座開設 海外FX|トレードに関しましては…。

投稿日:

昨今は様々なFX会社があり、その会社毎に独自のサービスを提供しております。このようなサービスでFX会社を比較して、個人個人に沿うFX会社を絞り込むことが一番肝になると言っていいでしょう。
為替の方向性が顕著な時間帯をピックアップして、その機を逃すことなく買いを入れるのがトレードにおいての大原則だと言われます。デイトレードに限ったことではなく、「落ち着く」「トレンドが強い時だけ売買する」というのは、どのようなトレード方法を採用しようとも非常に大切なのです。
1日の中で、為替の振れ幅が大きくなる機会を見定めて取引するというのがデイトレードというわけです。スワップ収入を目標にするのではなく、1日毎にトレード回数を重ねて、確実に儲けを出すというトレード手法だとされます。
日本の銀行と比べて、海外の銀行の金利が高いというわけで、スワップ金利が貰えることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXを行なうことで貰うことができるスワップ金利というわけです。
「毎日毎日チャートに目を通すなんてほとんど不可能だ」、「為替に影響を齎す経済指標などを直ぐにチェックすることができない」と言われる方でも、スイングトレードのやり方なら全く心配する必要はありません。

スイングトレードで収益をあげるためには相応の進め方があるわけですが、当然ですがスイングトレードの基本を理解した上での話なのです。とにかくスイングトレードの基本を頭に入れるようにしましょう。
レバレッジと呼ばれるものは、FXに勤しむ中でごく自然に活用されるシステムなのですが、元手以上のトレードが可能だということで、僅かな額の証拠金でガッポリ儲けることも実現可能です。
デイトレードをする際には、どの通貨ペアをチョイスするかも大切だと言えます。正直言いまして、変動のある通貨ペアをチョイスしないと、デイトレードで儲けることは無理だと断言できます。
テクニカル分析に関しては、通常ローソク足を描き込んだチャートを使用することになります。初心者からすれば複雑そうですが、慣れて把握することができるようになると、これ程心強いものはありません。
トレードに関しましては、すべて手間をかけずに実施される自動売買ですが、システムの検証は常日頃から行なうことが必要で、そのためには相場観を心得ることが大切だと思います。

スワップというものは、売買の対象となる二種類の通貨の金利の差異により手にできる利益のことです。金額にすれば小さなものですが、毎日貰えますから、悪くない利益だと言えるでしょう。
スプレッドと言われているのは、為替レートにおける「買値と売値の差」のことを指します。このスプレッドこそがFX会社を利用するためのコストであり、FX会社毎に設定している金額が異なっています。
ここ最近は、どのFX会社も売買手数料を取るようなことはしていませんが、それとは別にスプレッドがあり、そのスプレッドが現実のFX会社の利益になるわけです。
為替の動きを予想するのに役立つのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より重要だとされているのは「チャートの変動に目を付けて、直近の値動きを推測する」テクニカル分析だとお伝えしておきます。
FXに取り組む場合の個人対象のレバレッジ倍率は、前は最高が50倍だったことを考えると、「現在の最高25倍はそれほど高くはない」と口にされる人が存在するのも無理はありませんが、25倍だったとしても満足な利益を得ることができます。

-FX

Copyright© 海外FX優良業者 おすすめはAxiory | FX口座開設比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.