海外FX業者比較 人気ランキング3位 Axiory(アキシオリー)を解説。口座開設・デモ口座開設・入金方法・出金方法など!

海外FX優良業者 おすすめはAxiory | FX口座開設比較ランキング

AXIORY ~板情報がデフォルトで見れるcTraderが特色~

海外FX比較ランキング3位はAXIORY(アキシオリー)

第1位のXMトレーディング、2位はタイタンFX(TitanFX)に次いで当サイト第3位の評価はAXIORY(アキシオリー)。最高レバレッジは最大400倍。スキャルピング向きのナノスプレッド口座(ECN口座)が人気。口座は2種類、スタンダードとナノスプレッド、どちらも最大レバレッジ400倍設定可能。メタトレーダーに加え、板情報がデフォルトで見れるプラットフォームcTraderも採用。ボーナスはタイタン同様なし。(以前にキャンペーンボーナスを実施した経歴有)2019年3月より大幅に入出金手段を刷新する模様。3月1日より、JCBクレジットカードが利用可能に、国内銀行入出金の振り込みを導入(ベータ版)、3月中に電子ウォレットであるスティックペイ(STICKPAY)による入出金を導入予定・。BITWALLETが使えなくなる予定でどうなるかと静観してましたが、以前よりも入出金がしやすくなるかもで一安心ですね。ちなみに余談ですが、スティックペイは以前のネッテラーのようにプリペイドカード発行できる電子ウォレットサービスなのでATMから出金なども可能になります。金融ライセンスはベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)


でも、何と言ってもやはり日本人が1番利用している海外FX口座はXMトレーディング。海外FXデビューするならXMが無難ですね。AXIORY口座を開くならサブ口座としてですかね。

ちなみに当方管理人はXMトレーディング2017年10月から軍資金50万円スタートで2018年12月までに約1億5000万円ほど利益を出しました。

その収支を公開しているブログが↓
参考にしていただければ幸いです。

FX

AXIORY 口座開設 海外FX|MT4をパーソナルコンピューターに設置して…。

投稿日:

スワップと申しますのは、売買対象となる二種類の通貨の金利の差異からもらえる利益のことを言います。金額自体は大した事ありませんが、日に1回付与されるようになっているので、魅力のある利益だと言えるでしょう。
テクニカル分析におきましては、概ねローソク足を時間単位で配置したチャートを利用することになります。初めて見る人からしたら簡単ではなさそうですが、ちゃんとわかるようになりますと、本当に役に立ちます。
「AXIORYデモトレードをしても、実際のお金で痛い目に遭うわけではないので、心理的な経験を積むことが不可能である。」、「ご自分のお金で売買してみて、初めて経験を積むことができるわけだ!」と言われる方も多いです。
スプレッドと称されるのは、取引を行なう際の「買値と売値の差額」のことになります。このスプレッドこそが海外FX会社の儲けとなるものであり、それぞれの海外FX会社によりその金額が異なっているのです。
海外FXの一番の魅力はレバレッジだと思いますが、全て得心した状態でレバレッジを掛けることを意識しないと、正直言ってリスクを上げる結果となります。

AXIORYスイングトレードというものは、売買をする当日のトレンドが結果を左右する短期売買と比べてみましても、「ここまで相場がどのような動きを見せてきたか?」といった分析が肝になるトレード方法だと思っています。
海外FXに挑戦するために、さしあたって海外FX海外口座開設をしようと思っても、「どうしたら開設することができるのか?」、「何を重視して業者を選んだ方が間違いないのか?」などと迷う人は多いです。
AXIORYデモトレードを始めるという時は、FXに要される証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、数百万円という単位で仮想通貨として用意されることになります。
AXIORYデモトレードをやるのは、概ね海外FXビビギナーだと言う方だと考えられるかもしれないですが、海外FXのプロフェショナルもちょくちょくAXIORYデモトレードを利用することがあります。例えば新たに考えたトレード法のテストをする時などです。
MT4をパーソナルコンピューターに設置して、ネットに接続させたままストップさせることなく稼働させておけば、遊びに行っている間もひとりでに海外FX取引を完結してくれるわけです。

AXIORYスイングトレードをすることにすれば、短くても数日、長い場合などは数か月といったトレード方法になるわけですから、いつも報道されるニュースなどを基に、数ヶ月単位の世界経済の状況を類推しトレードできると言えます。
海外FXに取り組む上で、日本国以外の通貨を日本円で買いますと、金利差に応じたスワップポイントを獲得できますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買うという場合は、当然ながらスワップポイントを払うことになります。
スプレッドという“手数料”は、株式といった金融商品と比べても、超低コストです。明言しますが、株式投資だと100万円以上のトレードをしたら、1000円くらいは売買手数料を支払わされるでしょう。
自動売買につきましては、そのソフトウェアとそれをきっちりと作動させるパソコンがあまりにも高額だったため、ひと昔前までは一定の資金に余裕のある海外FXトレーダーだけが行なっていたようです。
MT4で動作する自動トレードソフト(略称:EA)の開発者は全世界のさまざまな国に存在していて、現在のEAの運用状況あるいはクチコミなどを意識して、より機能性豊かな自動売買ソフトの研究開発に精進しています。

-FX

Copyright© 海外FX優良業者 おすすめはAxiory | FX口座開設比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.